上池袋稲荷湯に初めて行った。

前から気になっていた近くの銭湯に行ってみた。

歩いて4、5分のところにある稲荷湯さんだ。

今は日が短いから5時位でもう真っ暗だ。

住んで居るマンションの裏にも千代田湯さんという銭湯があって、行こう行こうと思って行けないまま、閉店してしまったのだった。

だけど千代田湯さんはあまりにも近いので、近所の人とバッタリ会ってフリチン姿をみられるのも嫌だなぁ〜なんて思っていたら機会を逃してしまった。

旅先で日帰り温泉に入ったりするのは好きだけど、銭湯に入るのは本当に久しぶり。

田舎から上京して幡ヶ谷や恵比寿、早稲田で風呂なしの安いアパートに住んでいた頃を思い出した。

初めて行った幡ヶ谷の銭湯ではいくつか『苦い』思い出がある。

初銭湯だったので、システムがわからなくて入り口にある靴箱のところで、ここで服を脱ぐのか?と思って、上着を脱いだのを覚えている(笑、外人でもやらない)。

上半身ランニングにだけになった時に(パンツだけにならなくて良かったなぁ)、さすがにここ(靴箱)に服は入らんなと思い、靴だけ入れて脇に脱いだ服を抱え、恐る恐る中に入ったのだが、

番台には自分が想定してたよりも若いお姉さんが座っていたんだな。

それで舞上がってしまったのか、金も払わずそのまま番台から死角を探して服を脱ぎ、タオルで前を隠してそそくさと風呂に入った。

先払いなのに風呂から出る時にお金を番台で支払ったのだけど、番台のお姉さんがキョトンとしていたのを覚えている。

銭湯、当時は確か270円とかじゃ無かったかな、。ビール大瓶と同じくらいの値段だったような。

今は470円だ。

単純に比べれば、高いのかもしれないけど、やりくり大変ななか、こんなところに銭湯があるのは貴重だなと思う。

稲荷湯とってもいい湯でした。ありがたや。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です