辛島文雄さんとの写真があった

今日は辛島文雄さんの命日。

辛島さんは日本を代表するジャズピアニストだけど、昔、短い間だったけどお世話になったことがある。短かったけど、私にとってはもの凄く濃い時間だった

ギターリスト(私の師匠)のローディー(業界では’ボーヤ’という)をしていたので、辛島さんには地方のツアーなどでお世話になりました。

この写真は北海道の音更だったと思う。温泉のログハウスでの宴会にて。

打ち上げ時に辛島さんと。
この時の北海道ツアーは1週間位、毎日300km位、あちこち機材車を運転して移動した。

お世話になっていながら、晩年、闘病されながら演奏活動されていたことも自分は知らなかった。

2年前に亡くなったことを知った時はショックだった。何年もお会いしておらず、不義理にしていたのに、思わずマネージャーさんに「何か人手が必要で、手伝えることがあったら教えてください」なんてメールを送ってしまった。

本当はいつか辛島さんと同じステージに立って、恩返しをしたいと思っていたのに、できないままで来た自分がとても情けなくて、告別式にも出れなかった(涙)。

ローディー(ボーヤ)をやっていた時は、たくさんの有名なミュージシャンやその周りの人達に接する経験ができた。いい人も居れば、本当に(地獄のように)嫌な人も居るのだ。音もたくさん聴けたけど、これもいい経験になった。こんな人も居るんだなと、。

そんな上下関係が厳しい世界で、ボーヤなんて奴隷と同じような地位だったけど、一流の人ほど、下働きのボーヤにも仕事が終わると優しく声をかけてくださった(私の師匠もそうだった)。

演奏はもちろん素晴らしいのだけど、

自分にとっては、辛島さんはそんな「あったかい」一流ミュージシャンの一人だった。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村