平泳ぎのキック、、少しつかめたのかな

平泳ぎのレッスンで、蹴伸びで浮いてから、足を曲げた状態でかかとを水面近くに3秒キープするというのがずっと上手くできなかった。

実際に平泳ぎで泳ぐ時は3秒もキープはしないのだけど、キックで推進力を得るためにキックする時にタメを作る練習らしい。

レッスンの参加者、特に女性はほとんど皆、楽にかかとを水面に出してキープしたまま進めるのだが、、自分の場合、かかとが1秒も水面にキープできず沈んでしまう。

これをどうにかしたいと思って、練習してきたけど、これまで全然進歩しなかった。

壁に捕まってやると上手くかかとが浮いたままキープできるのに、蹴伸びでやるとすぐ足が沈んでしまうのだ。

でも、今日色々試しているうちに、視線を前に向けて、頭を少しあげると足を曲げた状態で水面に浮くことがわかった!

心の中で『おぉ〜これか、やったぜ!』と叫んだ。

実際進む距離が増したので、嬉しかった。

今までクロールの練習にフォーカスしていたので、頭(頭頂部)をあげるのはNGで、頭頂部を前に向けることに意識を持っていた。

頭頂部を前にして重心を前のめりにするのが、クロールのコツの一つだとやっと最近気づいたような状態だから、上記のような両足を引きつけて水面近くにキープする動作でもそういうつもりでいたのだけど、どうも違うなぁと今日気づいた。

視線を前にというか、頭をあげる感じの方が足を尻に引きつけるのが上手く行くのを実感した。

ちょっと明日また確認しよう。

今日体重は80.2kg。また80台になったけど、、まぁまぁあせらず行くべし。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です