エリッククラプトンの映画を観に行った。

僕はあまり思い入れがなかったので、期待しないまま観に行ったけど、、

凄くよかったです

平日の昼間だったけど、予想通り自分より先輩方が多かったです。

貴重な映像も観れたし、ヤードバーズでデビュー当時、イギリスでエリッククラプトンが当時ギターリストとして、どんだけ突出した存在だったのか、改めて知りました。

複雑な家庭環境もあったけど、、ここまでさらけ出していいのかなぁて思うくらい、クラプトンの弱さが描かれています。女性遍歴、ドラッグ、アルコール、、

そんなクラプトンが初めて親になって、自分以外の者のタメに生きるということに覚醒したんだと思うけど、、それもつかの間、最愛の息子コナー(またこの子が可愛いのだ)が不慮の事故で死んで、、また以前の泥沼に戻るのか、、と普通思うけど、彼は音楽に向き合うことでこのどん底を切り抜けた。

Tears in heaven の生い立ちは有名だけど、改めて本人のナレーションで観るとウルっときました。

あと、BBキングがクラプトンに送ったコメントにもジーンときました。

僕の前、隣の先輩方はしきりに顔に手をやっていたので、多分泣いてました。僕もだけど(笑。

隣のパッドマンが気になった。

最後は現在の家族、奥さん、娘たちと幸せそうな映像で終わったのもよかったな。

まさに波乱万丈の人生。でも終わりよければ全てよし!

凄いミュージシャンであるとかそんなの関係なく、一人の人間として改めてファンになりました。

日比谷の東宝にも新宿より小さいけどゴジラがいました

日比谷もクリスマス一色です