Nutubeを使ったギターアンプ VOX MV50 を使ってみた

Nutube という真空管と同じ働きをするパーツをKORGが出すというので以前から気になってたのですが、そのNutubeを使ったVOXのミニアンプ。断捨離してなるべく物を買わないようにしているけど、ネットでも評価が高いようなのでついつい買ってしまいました。

コンパクトエフェクターと同じくらいの手のひらサイズで50wも出るらしい。下のDeluxeアンプのスピーカー(Jensen)をつないでみました。 

気持ちの良いクリーントーンがしますが、ゲインを上げた歪みは好みが分かれそうな気がします。ちょっと硬目、ソリッドな感じがして、むしろペダルで歪ませた方がいい感じがしました。もっとボリュームを上げると本領発揮するのかもしれませんが。

このMV50はブティックという名前がついていて、あのダンブルアンプをイメージされているようです。

2万円弱でダンブルの音がもしかしたらするのか、、と内心期待してましたが、世の中そんなに甘くはないですよね。でもコスパは非常に高いです。エフェクターと一緒に持ち歩けるマイアンプ

昔、スタジオにカートでヒュース&ケトナーのでかいヘッドを運んできたド根性の女性ギタリストを見たことがありますが、いい時代になったものです。

このサイズです!ケーブルが大きく見える

つまみも小さなチキンヘッドでVOXのファンなら喜びそうな可愛いデザインですが、上部の取っ手やVUメーターは自分は無くてもいいかなぁ。

その分、背面にあって使いにくいパワースイッチを大きくして前につけてほしいです。あと本体は小さいけどワナのようにアダプターがやけに大きかったぁ(笑)のがちょっと気になりました。でもこれはPCの周辺機器などでもよくあることですね。

すみません、偉そうに不満点も書いてしまいましたが、Nutubeを使った製品にとても期待してます!

KORGさんの今後の製品に注目しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です